Oculusガーディアン

初期設定
初めてガーディアンを設定する場合は、ヘッドセットに表示される指示に従ってください。以下のドロップダウンで動画も確認できます。

ガーディアン設定の動画
Quest 2とQuestでの設定の動画
Rift Sでの設定の動画

ガーディアンのサイズ
ガーディアンを使用すると、プレイエリアの端に近づきすぎたときに表示される境界線をVRに作成できます。ガーディアンを設定すると、プレイエリアは、次のサイズのうちのいずれかで表示されます。
  • 下限: プレイエリアが下限の場合とは、プレイエリアが1メートル×1メートル(3フィート×3フィート)のガーディアン使用の要件を満たしていない状態です。
  • 最小: プレイエリアに必要な最小限のスペースはありますが、アプリによっては最適な状態で利用するために2メートル×2メートル(6.5フィート×6.5フィート)のスペースが推奨される場合があります。
  • おすすめ: 歩行モードのアプリに推奨される広さのプレイエリアがあります。プレイエリアには、ガーディアンシステムの設定に必要な2メートル×2メートル(6.5フィート×6.5フィート)またはそれ以上のスペースがあります。

ガーディアンの再設定
  1. 1.
    下のツールバーで[設定]を選択します。
  2. 2.
    左側のメニューで[ガーディアン]を選択します。
  3. 3.
    [ガーディアンを調整]をクリックします。
  4. 4.
    画面に表示される指示に従って、ガーディアンを再設定します。

ガーディアン設定の調整
ガーディアンを設定したら、VR内のガーディアン設定パネルオプションからいつでも追加の調整を行うことができます。調整できる設定項目は次のとおりです。
  • ガーディアンを調整: 最初にヘッドセットを設定したときと同じようなガーディアン設定画面に戻ります。
  • 床の高さを設定: ガーディアン境界線の床の高さを調整します。
  • ガーディアン境界線の色: ガーディアン境界線の色を変更します。
  • ダブルタップで周囲確認: ヘッドセットの側面をダブルタップすると周囲確認モードに切り替えたり、元に戻したりすることができます。
  • ガーディアンの履歴をクリア: ヘッドセットに登録しているすべてのアカウントのガーディアン履歴をクリアします。つまり、QuestまたはQuest 2を複数のアカウントで利用している場合、すべてのアカウントのガーディアンマップとトラッキングデータが削除されます。
  • 移動可能範囲: 有効にした場合、VR利用中に斜め下を向くと、プレイスペースのどこにいるかをさっと確認できます。
  • 境界線の感度: ガーディアン境界線アラートを調整する精度を決定します。次の2つのオプションがあります。
    • シンプル: 1つのスライダーですべての境界線の感度をまとめて調整します。感度を下げると、境界線の目前になるまでアラートが表示されません。
    • 詳細設定: 次の設定を使って、境界線の感度を細かいレベルで調整します。
      • ヘッドセットの距離感度: 距離感度を下げると、ガーディアン境界線の目前になるまでアラートが表示されません。
      • コントローラーの距離感度: 距離感度を下げると、ガーディアン境界線の目前になるまでアラートが表示されません。
ヘッドセットの速度感度: 速度感度を下げると、境界線の近くで速く動いているときに表示されるアラートが少なくなります。
コントローラーの速度感度: 速度感度を下げると、境界線の近くで速く動いているときに表示されるアラートが少なくなります。

ガーディアンの位置感覚
位置感覚は、VR利用中に歩行モードのガーディアン境界線を越えて入ってきた人、ペット、物体の輪郭を見ることができる安全機能です。物体がプレイスペースに入ってきた場合、位置感覚では最大で2.7m (9フィート)の距離にある物体の輪郭を表示できます。
  1. 1.
    ユニバーサルメニューバーから選択します。
  2. 2.
    左側のメニューを下にスクロールして[テスト機能]を選択します。
  3. 3.
    [テスト機能]パネルを、[位置感覚]が表示されるまでスクロールします。
  4. 4.
    [位置感覚]を選択します。
  5. 5.
    切り替えボタンを使って位置感覚をオンにします。

この回答は役に立ちましたか?


さらにヘルプが必要な場合

デバイスと問題に関する詳細を詳しくお聞かせください。最適なサポートオプションをお探しします。